国際交流基金 The Japan Foundation Performing Arts Network Japan

Presenter Topics プレセンタートピックス

2020.9.23

「IETMマルチロケーション2020」のローカルミーティングを横浜で開催(2020年10月1日、2日)

 1981年に設立されたヨーロッパの舞台芸術ネットワークIETM(International Network for Contemporary Performing Arts)の2020年の総会が、世界20都市のローカルミーティングをオンラインで繋ぐ「IETMマルチロケーション2020」として10月1日、2日に開催される。年2回開催される総会は、今年ノルウェーの都市トロムソで開催の予定だったが、新型コロナウィルス感染拡大防止のためオンラインに変更。日本ではIETMメンバーのPARC(国際舞台芸術交流センター)がホストとなり、横浜のBannkART Temporaryでローカルミーティングを開催する。
 コロナ禍への緊急対応、その舞台芸術業界への影響やそこからの回復などについて討論を行う「A New deal in APAC」、IETMメンバーによるプロジェクト紹介などのIETMのプログラムの他、日本ローカルのプログラムとしてTPAMフリンジの今後をテーマにしたパネルディスカッションなどが予定されている。詳細はTPAM及びIETM公式サイトへ。

[日程]2020年10月1日(木)〜2日(金)
[会場]BankART Temporary(ヨコハマ創造都市センター)地下1階会議室(一部プログラムを除き、オンライン参加も可)

[IETM(International Network for Contemporary Performing Arts)概要]
 舞台芸術プロデューサーたちの国際的なネットワークの構築を目的に、1981年にベルギーのブリュッセルを拠点に設立されたネットワーク組織。演劇、ダンス、サーカス、パフォーマンス、マルチディシプリナリーのライブ芸術、ニューメディアなど舞台芸術の分野で活動するフェスティバル、カンパニー、プロデューサー、劇場、研究機関、大学、教育機関など、会員数は全世界で団体・個人合わせて500を超える。舞台芸術における様々なテーマの情報共有、協働、共同プロデュース、ツアー等を実現するための環境を提供する多岐に渡る事業を行っており、年2回、ヨーロッパの都市で総会が開催される他、小規模なミーティングを全世界で開催している。
https://www.ietm.org/

「IETMマルチロケーション2020」横浜
https://www.tpam.or.jp/info/news/10944