国際交流基金 The Japan Foundation Performing Arts Network Japan

Presenter Topics プレセンタートピックス

2016.9.7

シュタイヤーマルクの秋のフェスティバルが開幕(2016年9月23日〜10月16日)

 オーストリアのシュタイヤーマルク州で1968年より毎年開催されている欧州で最も古い複合芸術祭。演劇、ダンス、美術、映画、文学、建築、メディア・アート、パフォーマンス、理論、など様々なアートを紹介している。
 今年のオープニングを飾るのは、青年団との国際交流プロジェクトなどで来日経験のあるフランス人演出家フィリップ・ケーヌによる『The Night of the Moles(Welcome to the Caveland!)』。観客はケーヌが創造するモグラの洞窟とも、核シェルターとも、地下壕とも取れる地下空間でのパフォーマンスを体験する。
 ギリシャから参加するBlitz Theatre Groupは、財政破綻後の映画のムーブメントとして注目されているグリーク・ウィアード・ウェーブ(Greek Weird Wave)を代表する映画監督ヨルゴス・ランティモス作品の常連俳優により構成されるカンパニー。『Late Night』では、ギリシャ政府に対する絶望的な笑いをシュルレアリズムと織り交ぜた切なくて悲しい一夜の物語を披露する。
 アジアから参加するのは、映画監督として世界的に成功したタイのアピチャッポン・ウィーラセタクン(Apichatpong Weerasethakul)で、韓国光州アジア文化殿堂で初演された作家初の演劇作品『フィーバー・ルーム』を上演する。
 また毎年開催されるカンファレンスでは、イギリスの欧州離脱問題などを受けて、「旧西側諸国へようこそ」と題し、「ヨーロッパ」というジオポリティカルな概念が崩壊していく可能性について論じる。

[フェスティバル概要]
“Steirischer Herbst”とは「シュタイヤーマルクの秋(のフェスティバル)」という意味。オーストリア・シュタイヤーマルク州の州都グラーツで毎年秋に開催されている演劇、音楽、建築、文学、ビジュアルアーツほかあらゆるジャンルをカバーする総合アート・フェスティバル。創設者は民俗学者で政治家のハンス・コレン。近隣のブリュッセルのクンステン・フェスティバル・デザールとともに、新作のためのフェスティバルとして、共同制作や委嘱作品に力を入れており、特に欧米の作品については、世界初演、ドイツ語圏初演といった肩書きをもつものが多い。フェスティバルディレクターは2006年よりヴェロニカ・カウプ=ハスラー氏が務めている。

シュタイヤーマルクの秋(Steirischer Herbst)
http://www.steirischerherbst.at