国際交流基金 The Japan Foundation Performing Arts Network Japan

Presenter Topics プレセンタートピックス

2015.7.3

第68回「エジンバラ国際演劇祭」開幕(2015年8月7日〜31日)

 1947年より英国スコットランドで夏の3週間開催されてきた大規模な舞台芸術祭。今年の話題は、サー・ジョナサン・ミルズから交替し、43歳のアイルランド人ファーガス・リネハンが新ディレクターに就任したこと。リネハンは1999年から2004年までダブリン・ダンス・フェスティバル、2004年から2009年までシドニー・フェスティバルを牽引してきた人物。2012年までシドニー・オペラ・ハウスの現代音楽部門のディレクターを務め、ジャズ、ポップ、クラシックなどジャンルにこだわらないプログラミングを行ってきた。
 ガーディアン紙によると、リネハンは就任に際し、ポップ・ミュージシャンをより多く招聘することを宣言。ロベール・ルパージュの新作『887』やサイモン・マクバーニー演出の『The Encounter』、またドイツの鬼才ヘルベルト・フリッチュによるダダイズム無言劇『マーメル・マーメル』の隣で、フランツ・フェルディナンドやスフィアン・スティーヴンスのライブを行うという。
 クラシック音楽部門では、エサ=ペッカ・サローネンやイヴァン・フィッシャーを招聘。フィッシャーが音楽監督を務めるブダペスト祝祭管弦楽団によるコンサート・パフォーマンス版『フィガロの結婚』が上演される。 これまでは、スコットランドで上演された演目をフェスティバルのプログラムにすることは避けてきたが、今後は、良い演目であれば積極的にプログラムしていくという。今年はナショナル・シアター・スコットランドと天津人民芸術院が共同制作した『ドラゴン』が再演される。

[概要]
1947年から英国北部、スコットランドの首都エジンバラで毎年8月初旬から3週間にわたって開催されているオペラ、音楽、演劇、ダンス、美術の国際フェスティバル。2006年〜2014年までディレクターは、オーストラリア人の作曲家でメルボルン・フェスティバルでの経験もあるジョナサン・ミルズ氏が務め、2015年度からダブリン・ダンス・フェスティバル、シドニー・フェスティバル、シドニー・オペラ・ハウスのプログラマーを歴任したファーガス・リネハンがディレクターに就任。

エジンバラ国際演劇祭(Edinburgh International Festival)
http://www.eif.co.uk