国際交流基金 The Japan Foundation Performing Arts Network Japan

Arts Organizations 世界の支援団体

2011.7.13

Canada Council for the Arts
カナダ
カナダ・カウンシル・フォー・ジ・アーツ

 1957年設立。オタワを拠点とするクラウン・コーポレーション(政府全額出資の公共企業体)。カナダにおける芸術活動を幅広いプログラムを通してサポート。現在の予算は約1億9,500万カナダドルで、年間約6,000件の助成や授賞をアーティストや芸術団体を対象に行っている。芸術的卓越性を第一の判断基準とし、政府や市場原理から独立した意思決定を行なうこと、精密でフェアな審査を保証し、アカウンタビリティと透明性を確保するための方法論としてのピア・アセスメントの充実などを特長とする。また、カナダの言語的、地域的、民族的多様性を重んじ、それらを反映した方針でプログラムを運営している。

 ピア・アセスメントのプロセスにおいては、年間750人以上のアセッサー(評価者)が120の委員会や審査員団を構成し、900人の外部アセッサーからのインプットがそれに加わる。各審査ごとに委員会が構成されるほか、3年を期限に任命されたメンバーが交替で構成する常任委員会が運営やリサーチの一貫性を確保する。アセッサーの選択は、専門性や経験値を重視し、候補者のデータベースを参照、あるいは芸術関係者のアドバイスなどを受けつつ、カナダ・カウンシルのスタッフが行なう。アーティストや芸術団体による推薦、あるいは立候補も可能。基本的にアセッサーは24カ月に1度しか委員会のメンバーになることができず、各アセッサーの専門とする芸術分野、業務分野、言語(英語・フランス語)、民族的出自、出身地、性別、年齢を考慮しバランスのとれた委員会を構成するなど、公平性を確保するための方策が取られている。助成分野はダンス、インターアーツ、メディアアーツ、音楽、演劇、ヴィジュアルアーツ、ライティング・出版の7分野で、年間約1万5,000件の申請を受けている。また、これら全分野と連係して、助成やサービスの公平性確保、アーティストの観客開発支援、先住民族の芸術活動支援の3分野を担うオフィスが置かれている。

 カナダの現代芸術コレクションとして1万8,000点の絵画、版画、写真、彫刻を所蔵する「Art Bank」を運営。作品の購入を通してアーティストをサポートし、作品の貸し出しによって運営費を賄いつつ企業や公共空間などへの芸術の導入を振興している。

 ①個々のアーティストへのコミットメント、②芸術団体へのコミットメント、③芸術支援における公平性、④他団体とのパートナーシップ構築、⑤カウンシルのキャパシティ強化を軸にした2008年から2011年までの3カ年プラン「Moving Forward」を引き継ぎつつ、世界的な経済不況などの情勢変化を受け、新プラン「Strengthening Connections」を提唱している。プランそのものの柔軟性、状況適応力を高めるため期間を3年から5年(2011年から2016年)に延長し、前プランの5つのフォーカスを継続しつつ、芸術活動へのデジタル技術の浸透や、増大する市民参加の必要性などへの対応を強化していく。

カナダ・カウンシル・フォー・ジ・アーツ

Data:
カナダ・カウンシル・フォー・ジ・アーツ
Canada Council for the Arts

Address:
350 Albert Street
Post Office Box 1047
Ottawa, Ontario K1P5V8
Phone: 1-800-263-5588 or 613-566-4414
Fax: 613-566-4390
info[a]canadacouncil.ca
http://www.canadacouncil.ca/