国際交流基金 The Japan Foundation Performing Arts Network Japan

ENGLISHENGLISH

Festival Calendarフェスティバル・カレンダー

ザルツブルク音楽祭

モーツァルトの生誕地ザルツブルクで毎年7月末から約5週間にわたって開催されるフェスティバル。演出家マックス・ラインハルトや作家のフーゴ・フォン・ホーフマンスタールらによって1920年に第1回目が開催された。その後第2次世界大戦を経て、カラヤンが芸術監督を務めた56年から60年の間には、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団以外のオーケストラの参加や、カイベルト、メータ、マゼール、アバド、小沢征爾らの指揮者を起用した。その後はジェラール・モルティエ、ペーター・ルジツカが芸術監督を務め、2016年からはオーストリアのピアニスト、マルクス・ヒンターホイザーが務めている。
日本では音楽フェスティバルとして知られるが、演劇部門も含まれており、ヨーロッパを中心に世界で活躍するアーティストが起用されている。
2020年に100周年を迎えたが、新型コロナウィルス感染拡大防止のためプログラムの変更や会場数や座席数の限定を行い、徹底した感染防止策を取った上で開催された。100周年記念は2021年フェスティバルまで継続されることとなり、ロシアのペルミ国立歌劇場のレジデント・アンサンブルとして世界で注目を集めるテオドール・クルレンツィス指揮ムジカエテルナの『ドン・ジョヴァンニ』(ロメオ・カステルッチ演出)、ベルギーの演出家ヤン・ローワースが演出・美術・振付・映像を手がけるルイジ・ノーノ作曲『イントレランツァ1960』、現代音楽の作曲家モートン・フェルドマンがベケットのテキストに作曲したオペラ『Neither』(演奏会形式)などが上演された。
2022年は再びロメオ・カステルッチが指揮者テオドール・クルレンツィスとタッグを組むオペラ「青ひげ公の城」、演劇部門ではベルギーの演出家イヴォ・ヴァン・ホーヴェの演出作などが予定されている。

フェスティバル/見本市名: ザルツブルク音楽祭
原語名: Salzburg Festival
開催国: オーストリア
開催都市: ザルツブルグ
会場名: Domplatz、ザルツブルク州立劇場ほか
開催期間: 2022年7月18日〜2022年8月31日
URL: https://www.salzburgerfestspiele.at/en/