国際交流基金 The Japan Foundation Performing Arts Network Japan

ENGLISHENGLISH

Festival Calendarフェスティバル・カレンダー

ウィーン芸術週間

1951年から毎年5月〜6月にかけて開催されるオーストリア最大級の国際フェスティバル。開催地は、ミュージアム・クォーター、テアター・アン・デア・ウィーン劇場、ウィーン楽友協会ホール、シャウシュピールハウス、市内の市場や広場など市全体が舞台となる。世界各国のオペラや演劇を代表する演出家や指揮者、オーケストラなどが手がける最新の舞台芸術、歴史的な演出や最新プロダクション、現代作品が上演される。
2011年はリュック・ボンディを総監督に、シュテファニー・カープ演劇監督、シュテファン・リスナー音楽監督のもとで、23カ国45のプロダクションが上演され、18万人を動員。日本からはポツドール、高山明が参加。2015年度よりシュテファン・シュミトケが演劇部門プログラムを担当。2016年度にはMarina Davydovaが同部門のプログラムを担当、2017年から2017年までの総芸術監督はTomas Zierhofer-Kinが務めた。2019年度から6年間は、長年クンステンフェスティバルを率いていたクリストフ・スラフマイルダーが総芸術監督に就任。
2020年は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため会期を変更、規模も縮小して「FESTWOCHEN REFRAMED」と題して10の国際プロダクションのみで開催。
2021年は開催期間を大幅に延長して5月から11月にかけて断続的に開催、日本から松根充和、岡田利規が招聘された。
2022年は市原佐都子が招聘。

フェスティバル/見本市名: ウィーン芸術週間
原語名: Wiener Festwochen
開催国: オーストリア
開催都市: ウィーン
会場名: クンストハレ・ウィーン ほか
開催期間: 2022年5月13日〜2022年6月18日
URL: https://www.festwochen.at/en/