国際交流基金 The Japan Foundation Performing Arts Network Japan

ENGLISHENGLISH

Festival Calendarフェスティバル・カレンダー

東京芸術祭 アジア舞台芸術人材育成部門(APAF)

石原慎太郎都知事の提唱により、「アジア地域の発展を目指す新たな協力の枠組みとして」2001年に発足した「アジア大都市ネットワーク 21(AMNC21)」。現在11都市(バンコク、デリー、ハノイ、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、ソウル、シンガポール、台北、東京、ヤンゴン)が加盟、産業、環境、危機管理、保健衛生、芸術文化、女性の社会参画、人材育成などの分野で共同事業を行っている。本フェスティバルはそうした共同事業のひとつで、東京(2002)、デリー(2003)、ハノイ(2004)、台北(2006)、マニラ(2007)、ソウル(2008)、東京(2009)で開催。
2010年からはアジアからの新しい舞台芸術の創造・発信を目的に、各都市のアーティストが参加する国際共同制作ワークショップやクリエーションを重きを置いたプログラミングに移行。2011年には同ワークショップから生まれた作品をフルバージョンでソウル・台北・東京を巡回するとともに、ワークショップを東京・ハノイで開催。2013年には、国際共同制作ワークショップ、アジア各都市から若手演出家などを招聘する「APAFアートキャンプ・ラウンドテーブル」などを開催。2018年度より多田淳之介がディレクターに就任、東京都が主催する東京芸術祭の1部門として、アジアの舞台芸術人材の育成に特化し、名称も「東京芸術祭 アジア舞台芸術人材育成プログラム」と改めた。
2020年度は新型コロナウィルス感染拡大防止のため原則オンラインで開催。

フェスティバル/見本市名:東京芸術祭 アジア舞台芸術人材育成部門(APAF)
原語名:Asian Performing Arts Farm (APAF)
開催国:日本
開催都市:東京
会場名:オンライン
開催期間:2020年10月20日〜2020年10月25日
URL:https://www.eng.apaf.tokyo/