国際交流基金 The Japan Foundation Performing Arts Network Japan

ENGLISHENGLISH

Festival Calendarフェスティバル・カレンダー

ソウル・マージナル・シアター・フェスティバル

韓国ではソウル・ビョンバン(辺境)演劇祭と呼ばれ、ビョンバンとはメインストリームから離れている周辺を意味。演劇を中心として実験的な作品やアーティストの発掘に力を入れており、LGBTQIなどの社会的マイノリティや国家による暴力の被害者等に関する問題にも早くから取り組んでいる。開催地はヘファドン1場地、ムンレ芸術工場等の劇場や市内の広場、漢江の公演等市全体が舞台となる。
1998年から2014年までは毎年開催され、2010年から2015年は30代のイム・インザ女史が芸術監督を務めていた。2012年には「演劇なき演劇 政治なき政治」をテーマとして、日本の坂口恭平、リュウセイオー龍を含め15作品をプログラム。2015年より現在のイ・ギョンソンが3代目の芸術監督としてフェスティバルを率いており、同時にフェスティバルは隔年開催となった。
2019年はオーストラリアの演出家アドリアーノ・コルテーズが共同芸術監督となり開催された。

フェスティバル/見本市名: ソウル・マージナル・シアター・フェスティバル
原語名: Seoul Marginal Theatre festival
開催国: 韓国
開催都市: ソウル
会場名: ヘファドン1番地、ムンレ芸術工場 ほか
開催期間: 2019年7月3日~2019年7月13日
URL: https://www.smtfestival.org/